スポンサーリンク

【画像】綾瀬はるかのド迫力天然Fカップバスト『精霊の守り人』で封印しきれず!

精霊の守り人 (1)

流石と言うべきか

デカ過ぎると言うべきか

何というべきか、

綾瀬はるかの天然Fカップバストが

また、新たなる伝説を生み出してくれました。

『精霊の守り人』の殺陣シーンでの出来事だそう。

画像-http://www.nhk.or.jp/moribito/

スポンサーリンク

精霊の守り人とは簡単に

NHK (1)画像-http://www.nhk.or.jp/moribito/

原作:上橋菜穂子 「精霊の守り人」ほか「守り人」シリーズ全12巻

脚本:大森寿美男

音楽:佐藤直紀

題字:赤松陽構造

演出:片岡敬司 (NHKエンタープライズ)

舞台は、山脈と海に囲まれた新ヨゴ皇国。

まるで運命に選ばれたかのように出会う、

「狩人」と「守り人」と「守られる存在」が繰り広げるファンタジー物語。

大柄ではないものの引き締まった柔軟な身体を持ち

凄腕と評判の高い女用心棒・バルサがこの物語の主人公です。

ある日、バルサは第2皇子であるチャグムを乗せた牛車の牛が

橋の上で突然暴れだし、チャグムが川へ跳ね飛ばされるのを目にします。

濁流に飛び込み、何とかチャグムを助けたバルサは、

チャグムが命を狙われていることを知り、

チャグムを守るため、逃亡の旅に出る事にります。

ですが、「狩人」と呼ばれる、帝に仕える暗殺者たちが、

バルサを追い始めます。

追う狩人と逃げる守り人と守られる存在。

命懸けの旅の結末は・・・?

精霊の守り人と綾瀬はるかの天然Fカップバスト

このドラマは3年越しで全22話が放送される

大型の企画。

それだけに綾瀬はるかの気合の入れようも

今まで以上ではないでしょうか?

本作で、綾瀬はるかが演じる事になる役柄は

「短槍使いの女用心棒」と言われるバルサと呼ばれる役。

女用心棒と言うだけあり

全編にわたり激しいアクションが見られると言う。

短い槍を使い、

はたまた、素手での格闘など、

激しい動きが多いドラマ。

ですが、綾瀬はるかは運動が得意と言っていたと思うのですが

このドラマに至っては少し違うようです。

見どころの一つである「殺陣(たて)」が

なかなか覚えられないそうです。

沢山の斬られ役が登場する精霊の守り人の殺陣シーンは

流石の綾瀬はるかも少し苦労しているようなのです。

その訳は・・・。

スポンサーリンク

綾瀬はるかと天然Fカップバストの苦労

chokusou-drama_20160319_02_01 (1)

画像-http://www.nhk.or.jp/moribito/

精霊の守り人の殺陣シーン。

綾瀬はるかを苦労させている原因は

「天然Fカップバスト」と

「大きなお尻」

だったと言います。

激しい戦闘シーンの為、

綾瀬はるかはきキツ目のブラを付けて挑んでいたと言います。

ですが、綾瀬はるかの天然Fカップバストと

大きなお尻は下着ぐらいで言う事を聞きません。

激しいシーンをこなす度に上下左右に動き、跳ね、

綾瀬はるかを苦しめていると言います。

綾瀬はるかの魅力の一つであるFカップバストは、

この撮影では体力を消耗させる「重り」になっていたんですね。

撮影後、車に乗る時も疲れ果てた綾瀬はるかは、

よたよたと四つん這いになっていたと言います。

やっぱり綾瀬はるか

精霊の守り人 (2)

画像-http://www.nhk.or.jp/moribito/

それでも頑張る綾瀬はるか。

疲れた体を癒すためシップを貼まくって

また撮影に挑みます。

撮影に集中する綾瀬はるかは、

衣服の乱れも気が付かない様子で

下着がはみ出したままで演技を続けることもあったと言います。

下着がはみ出ていても

演技に集中し撮影に挑む綾瀬はるかは、

天然Fカップバストと天然ボケだけの女優ではありませんね。

当然、殺陣のシーンだけではありません。

与えられた役をどう演じ切るのか?

バルサ声のトーンはどんな風なのか?

話し方はどんな風なのか?

歩き方や座り方など立ち振る舞いはどのような感じなのか?

おそらく綾瀬はるかは、

バルサになり切り表情一つまで考え演じていると感じます。

女優さんなら当然かもしれませんが

その姿は綾瀬はるかの真剣さを感じますし、

そんな綾瀬はるかを見習いたいと考えます。

ちなみに、はみ出ていた下着の色は

ブルーだったそうですよ♪。

参考- http://www.asagei.com/excerpt/54272

綾瀬はるかさんナーイスおっ〇いです!

(映画おっ〇いバレー風)